トップ

学校での運動会の重要性

学校での行事とは

勉強

学校で行われる運動会の変化

運動会という行事が学校で行われるようになってから長い時間が経過しています。本来は競技会やレクリエーションで運動をすれば、毎日のように練習をする必要は考えがたい考え方も根強くあります。明治初頭の海軍兵の学寮で行われた競闘遊戯が運動会の最初といわれています。発展を遂げて今の形で競技をする場に変化していきます。明治の教育が、遠足や修学旅行などの教室外で行われる教科以外の活動として鍛錬の成果があったため、当時の教育現場に根付いています。学校に定着してから、本来の運動会が持つ子どもたちが楽しみに待つ行事から、練習の成果を見せる場に変化しています。

行事の時のお弁当が楽しみです

学校には年間を通していくつもの行事があります。毎日の勉強の成果を発表するためでもありますし、クラスの団結を高めるためでもあります。学生生活のいい思い出となりますし、学校によってはお弁当を持って行くところもありますので、それがまた楽しいものです。中心となって活動する生徒もいますが、できるだけ全員で作り上げていくのがいいでしょう。社会人になると全員で協力して何かを作り上げる経験は、あまり無くなります。学生生活だけの特権です。数年後のクラス会で必ず話題に出ますので、仲間外れを作らずに、全員で楽しみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校での運動会の重要性. All rights reserved.